能勢電鉄のバリアフリー化 どうすすめるのか

能勢電鉄のバリアフリー化 どうすすめるのか
2007年6月議会 土谷議員の一般質問

 土谷議員は、「新法バリアフリー化法により、能勢電鉄の段差解消をどうすすめていくのか」と市の考え方をただしました。
 とくに、鼓が滝駅は駅西側に改札口の新設、多田駅は階段のスロープ化、改札口の改善が強く求められており、第2期計画に位置づけていくべきだと要求しました。
市は、「7月上旬に利用者も参加した、第一回協議会を開く予定であり、基本構想の中で位置づけられる。主旨は理解する」と答弁しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第12号(2007.7.12.)

関連する記事