「療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見書提出を求める請願」黒田議員の賛成討論

2007年6月議会報告
請願内容は理解できる・・・でも賛成しない?? 多くの議会が採択しているのに!?
黒田議員の請願賛成討論から

「療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見書提出を求める請願」

 国の医療費抑制政策のもと医師・看護師の増員抑制、診療報酬のマイナス改定、患者負担の増大がおこなわれ、「命を守る」という社会保障そのものの根底が壊されています。そのうえ、2006年、この請願の中身である、「医療の必要性が低い」という理由で、医療型(医療保険適用の療養病床)25万床を15万床に減らす、介護型(介護保険適用の療養病床)13万床を全廃するというような、退院を迫る計画を2012年3月までにおこなうとしています。日本医師会は、全国約6200の医療機関を対象に、療養病床の患者さんの症状や退院後の受け入れ態勢などを調査し、「医療区分1」の 患者の約6割(6万人程度)が実際にはケアが必要なのに退院を警告されるなどの問題が出始めています。
 また、医師会は国に対して、医療区分の見直しや在宅・施設介護サービスの対応などを求め続けています。
 今年、意見書採択は、3道県、75市、161町、61村の300自治体にのぼっています。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第11号(2007.7.5.)

関連する記事