平野・多田・鼓滝自転車駐車場の管理運営をただす 土谷一郎議員

2009年12月議会 一般質問 土谷一郎議員
目的果たしていない市営駐輪場 効果ある対策なぜとれない
平野・多田・鼓滝自転車駐車場の管理運営をただす

 川西市の市営駐輪場は、「市民の自転車等の駐車の利便を図る」「市民の良好な生活環境を確保する」ことを掲げています。
 ところが、平野、多田、鼓滝3ヶ所の自転車駐車場の利用状況は僅かに10%台で市営駐車場の役割を果たしているとはいえません。(別表)
 一方、多田では駐輪場近く塩川堤防敷に約150台、鼓滝では駅近くのスーパー・コンビニの駐車場に100台近くの自転車・原付が無断駐車しています。

 土谷議員はこのような状況が永年続いているが、何が問題なのか、効果的な対策がなぜ取れないのか、市の管理責任をただしました。
 土谷議員は「自転車駐車場の利用を図るためにどうしてきたのか」「放置自転車対策をどうしてきたのか」と市の取り組みについてただしました。市は「チラシを配布し駐輪場に止めるようPRしている」「放置自転車は月2回、指導撤去している」と、通り一遍の答弁。
しかし現状は全く変わっていないのです。土谷議員は永年にわたり実態は変わっていないから市の対応を聞いているのだと追及。
 市営駐輪場は平成17年から指定管理者の管理運営になっていますが、年200万円以上の赤字を出しています。当初、「市民サービスの向上と経費削減」を目的として始めた指定管理者制度です。

 しかし、結果は全く逆効果といわなければなりません。
土谷議員は「費用対効果を問題にしている行政としてどう考えているのか」「畦野や山下駅のように利用料を無料にすれば利用者も喜び、街に無断駐輪が減る」「多田駐輪場は利用しやすい塩川堤防敷に整備すべきではないか」と市の考えをただしました。
 しかし、市は「当面は指定管理でやっていきたい」「塩川堤防敷は河川改修計画があり今のところ考えていない」と問題の解決をはかろうとする気の無い消極的な答弁に終始しました。

 また、平野自転車駐車場については、現在の駐車場を処分して代替施設をつくるとしていますが、土谷議員は「駅に近くて利用しやすいこと、利用料は無料にすべきではないか」とその管理運営のあり方についてただしました。市は「グリーンハイツ方面から利用しやすい所に設置を考えている」としながらもこれまでどおりの「指定管理で運営する」と答弁しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第56号(2010.1.14.)

関連する記事