下水道未整備地区の積極的解決はかれ 土谷一郎議員

2006年9月定例議会 土谷一郎議員
下水道未整備地区の積極的解決はかれ

 土谷議員は、多田駅直近の東多田三丁目と錦松台地内で、公共下水道の整備が進んでいない問題を取り上げ、市の整備方針をただしました。両地域とも前面道路が私道であり、一部権利者の同意がなかなか得られない問題があります。地元でも努力をされていますが、話し合いがうまくいかないでいます。
 下水道敷設には、私道の市道化による公共下水道化。そして私道のままで共同私設下水道というやり方があります。いずれにしても地権者の同意が必要となります。土谷議員は「行政が積極的にかかわり、問題解決に当たるべきだ」と市の姿勢をただしました。
 市は「金銭問題が絡むので入っていくことは困難だとし、自治会や多くの方々の努力で整備をすすめてきたが、相談にのり一緒になって取り組む」と答弁しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第2号(2006.11.23.)

関連する記事