2006年12月議会 市政運営に関わる基本的な問題について

2006年12月議会 大塚議員の質問

市政運営に関わる基本的な問題と地域要求について発言しました。
(1) 施政運営の基本的考え
(2) 前市政の評価・総括(開発行政・行政改革を中心に)
(3) 07年度予算編成の基本的考えについて
(4) 清和台西一丁目での携帯電話アンテナによる電磁波被害対策について。

 川西市の財政難の大本は見通しのないまま大型開発を強行したことにあると考えます。しかし、前市長は、行政改革(SR作戦)で市民負担増と職員の削減です。新市長は選挙中、マスコミのアンケートに答え、今までの中央北地区開発については「税金を無駄遣いした大失態の計画であった」と答えました。当然、今までの施政を総括され批判されていると考え、施政の中心問題である開発行政に対する考えを聞きましたが、今までの経過を説明するだけ、しかし、福祉を後退させ、公共料金値上げの「行政改革」を評価するのです。

(4) 清和台西一丁目での携帯電話アンテナによる電磁波被害対策についてはこちら

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第4号(2007.1.25.)

関連する記事