危険な中央北地区開発計画 失敗の総括なく・見通しもない

2008年6月議会 一般質問 大塚議員
危険な中央北地区開発計画 失敗の総括なく・見通しもない

 昨年から今年4月まで「中央北地区土地利用基本構想委員会」が4回開催され、6月発表されました。新聞報道もなされましたように、地区全体を5つのゾーンに区分けし地域の中央にせせらぎを造りホタル舞うまちをイメージ、大型店を導入する商業ゾーン、住宅ゾーン、産業・公益施設・環境ゾーンと夢を描いて見せました。そして能勢口と一体化して活性化をはかる。と言うのです。しかし、肝心の財政計画はなく、前回の失敗の総括教訓は全くありません。見通しもなく、進める、財政がいくらいるかも計画なく突き進むひどい内容を指摘し、立ち止まり検討することをもとめました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第29号(2008.7.17.)

関連する記事