「工賃」より高い利用料を正せ!

市民の顔が見える「市役所」としての仕事の充実を
一般質問 黒田議員

生きがいをもって働けるよう保障すべき
「工賃」より高い利用料を正せ!

 「障害者自立支援法」によるサービス利用料1割の応益負担、食事代や交通費などの自己負担など、働いて工賃をかせいでも「赤字」になる実態があります。
 この間、「市の食事代の補助」「制度改定」などが行われているものの、「働いて赤字がでる」実態があり、施設運営そのものも苦しい状況に変わりはありません。
 黒田議員は、大塩市長に対して「働けば働くほど赤字になる実態をどう考えるのか?改善する具体的手立てをすべき」と迫りましたが、市長は一度も答弁には立たず、健康福祉部長が、「障害者自立支援法改正の国の動向・推移を見守りたい」「実態については、調査・研究する」と終始しました。
施設の仕事興しや販売所の確保を!

作業所の仕事興しや販売所については、「支援する。検討をすすめている。場所については調整中」としました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第47号(2009.7.15.)

関連する記事