ごみの個別収集はごみ減量のためにも必要

2008年9月議会報告 黒田みち議員

 この間、黒田みち議員は、「住民が住んでよかったと実感できる」まちづくりを提案し続けています。
 25歳~39歳の人口比率が他市に比べて低い川西市、「広範な子育てや教育施策の拡充」を、高齢化がどんどん進む町として「ごみの戸別収集」や「交通手段の確立」「福祉施策の充実」など安心して住み続けることができる取り組みを具体的に提案、市民満足度につながるように、市民が理解、納得できる税金の使い方に変えるべきと訴え続けています。

ごみの個別収集はごみ減量のためにも必要

 この間、お伝えしているように、今の「ごみの収集=ステーション方式」は様々な問題があります。問題解決のためにも更なる高齢化に対応するためにも「ごみの戸別収集」に切り替える自治体が増えています。私は、「戸別収集」をしている池田市、藤沢市などを調査。
 「市民ひとりあたりのごみ処理費用」(別表1)を比較してわかるように、川西市の処理費用は高額です(年間約26億円)。収集・処理費用の内容を精査し、抜本的に見直せば戸別収集できることを提案してい
ます。
 また、来年度から実施される「ひとり暮らし高齢者」への戸別収集は、ひとり暮らしと限定せず、老老世帯など実態に合わせるよう拡充すべきと追求しました。「ごみの戸別収集」により、「ごみの減量」「分別の徹底」にもつながっていることもあわせて追求しました。
◎答弁
 問題は把握しているが、来年度からの新ごみ処理場稼動に伴う「新分別・収集体制」をやっていくという答弁。「戸別収集実施の高齢者」については、実態に即すると答弁しました。

ごみ処理費(市民1人当たりの)

      人口(H18年度) 処理費(1人当たり)(円)
川西市   160,485     16,176
池田市   101,616     13,866
藤沢市   398,464     14,869
あきるの市  81,423     12,348

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第32号(2008.11.8.)

関連する記事