市道11号線、歩道整備を要求

市道11号線、歩道整備を要求

住田議員 (2009年9月議会)

 南花屋敷の中央を南北に通る市道11号。かって小学校の通学略であったが交通量が増え、人一人も満足に通れない歩道では安全が確保できないと今は別ルートになっている。しかし中学の通学路に指定され、当然住民も歩道を通行しています。住田議員は議員成り立て当初をふくめたびたび歩道整備を要求して来ているが一向に改善されていない。住民の安全確保をする気があるのか厳しく問いました。
 土木部長は市としても道路改良の必要性は十分認識している、財政難の状況では、たとえば住宅改良の話が出たときにご協力をいただくといった方法しかないと消極的な答弁でした。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第50号(2009.10.22.)
(発行時に第49号としていましたが、第50号の誤りでした。訂正します)

関連する記事