川西市公民館条例の一部を改正する条例の制定について

川西市公民館条例の一部を改正する条例の制定について
2008年9月議会 土谷議員の討論から

 議案審査の中で、副市長は登録グループの活動は応援していきたいと発言しました。しかし、グループ活動を「受益」ととらえて、受益者負担を導入し、「負担の公平」の名で有料化する点については、先の3月議会での有料化・貸し館化の提案と全く変わっていません。
 本議案における提案理由は「公民館利用者の利便性の向上を図るため」としていますが、貸し館の利用を1単位50分の時間貸し導入により僅かに安くなるだけです。これまで登録グループの利用は無料であったもので、貸し館による利用は公民館の設置目的からもなじまないものです。「行政改革」の効果と言うが、有料化による影響額は僅か
1,000万円です。市民がより利用しやすく、活動がさらに発展するよう支援することの方がより効果的です。

 議案第68号川西市生涯学習センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について生涯学習センターの設置目的は、社会教育の一環として、市民の生涯学習の機会を拡充しようとするもので、その活動内容については公民館活動と共通するものがあります。市としても大いに活動を支援し推進すべきものです。しかし、その使用料については設置目的から、公民館活動と同様、本来無料とすべきとの考えで、登録グループの有料化、貸し館化に反対して来ました。
 今回の条例改正の提案は、公民館条例と同趣旨により認めることができません。アンケート調査でも「定額料金で」との声があり、経済的弱者が排除されることがあってはなりません。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第32号(2008.11.8.)

関連する記事